レバレッジって何? レバレッジのメリット、デメリット

目次

 

 

 

 

 

🖋レバレッジってなに?

FXにはレバレッジと呼ばれるシステムがあります。このシステムのおかげで元手が少なくても、大きな取引ができます。

日本の証券会社では最大25倍までかけられるため、1万円で25万円、10万円あれば250万円もの外国通貨が取引することが可能になります。

 

 

🖋レバレッジのメリット⭕、デメリット❌

  • レバレッジのメリット

🖋自分の元手だけの運用より、大きな利益を獲得できる

 

レバレッジとは少額の資金で大きな取引ができる取引システムです。日本のレバレッジは最大25倍までかけられるため、1万円で25万円、10万円で250万の取引を行うことがあります。

 

そのため、自分の元手だけで行う投資の最大25倍の利益を獲得することができます。レバレッジという仕組みがあるおかげで、250万の取引であっても10万あれば取引ができるので、効率よく資産形成ができることができます

  • レバレッジのデメリット

🖋利益も25倍だが、リスクも25倍

利益が25倍ありますが、損をするときも25倍になります。高いレバレッジをかけると、わずかな変動でも大きな損益が生まれるため、なにも考えず通貨売買を繰りかえすとリスクが大きく、大変危険です。そのため、リスク管理をしっかりすることがFXにおいては最も重要で、発生するであろう損益を把握して取引をおこなっていきましょう。そうすれば、レバレッジは投資家にとって大きな味方になることは間違いありません。

 

レバレッジは

  • 少額で大きな取引ができるシステム(日本の場合、最大25倍まで)
  • 自分の元手だけより大きな利益を獲得でき、効率よく資産形成ができることができる
  • 利益も25倍だが、リスクも25倍のため、リスク管理が非常に重要

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です